新江ノ島水族館

1.施設概要

施設名称新江ノ島水族館
英文名称ENOSHIMA AQUARlUM
館 長堀 由紀子
所在地〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2丁目19番1号
建築面積 6,645.71m2
延床面積12,804m2
総水量 約3,000t
開業2004(平成16)年4月16日
新江ノ島水族館

2.コンセプト

わくわくドキドキ冒険水族館

当館では、いつも新しい「発見」に出会える場として、来館するたびに海や生命にひそむ多くの不思議を「発見」し、海遊びを発展させた体験プログラムから「驚きや感動」を感じられるよう、エデュテインメント性の高いコンテンツとプログラムを開発、提供していきます。

3.事業形態

神奈川県のPFI事業(Private Finance Initiative)として、弊社ならびにオリックスグループにより江の島ピーエフアイ株式会社(特別目的会社)を設立し、神奈川県と30年間の事業契約を締結しました。「水族館」の運営は民間の独立採算制、「なぎさの体験学習館」の運営は神奈川県からの事業費にて賄われております。
弊社は出資企業として、江の島ピーエフアイ(株)の経営に参画すると共に、「水族館」ならびに「なぎさの体験学習館」の運営業務を業務受託しております。

事業スキーム

事業スキーム
※「PFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)」とは公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う手法です。
民間の資金、経営能力、技術的能力を活用することにより、国や地方公共団体等が直接実施するよりも効率的かつ効果的に公共サービスを提供できる事業について、PFI手法で実施します。PFIの導入により、国や地方公共団体の事業コストの削減、より質の高い公共サービスの提供を目指します。

4.展示施設

展示施設は、大きく11のエリアに分けられています。相模湾の環境をできるだけありのままに再現した「相模湾大水槽」を中心とする「相模の海ゾーン」、深海生物の長期飼育に挑戦中の「深海Ⅰ ~JAMSTECとの共同研究~」、約40年の飼育経験を活かした「クラゲファンタジーホール」など、様々な手法による独創的な展示を特長としています。

飼育生物総数
魚類他 600種/34,702点
海獣類他 7種/46点(含 ペンギン)

5.展示施設の主なみどころ

相模湾大水槽

館内の水槽では最大規模となる「相模湾大水槽」は、高さ9m、水深6.5m、面積144m2、容量1,000tで、厚さ41cmのアクリルガラスを使用しています。できる限り自然のままの環境に近づけるように2つの造波装置を設置し、絶えず波を発生させています。岩場にぶつかる波の音を聞きながら、波の下で雄大に泳ぐ魚たちの生態や水深に応じて魚たちの種類が変わっていく様子、相模湾の岩礁や沖の様子を目の前で観察することができます。

相模湾大水槽

深海Ⅰ ~JAMSTECとの共同研究~ / 深海Ⅱ ~しんかい2000~

当館では、(独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)と協力し、日本で初めてとなる深海生物の長期飼育法に関する共同研究を行っています。また、深海に存在する、太陽光ではなく、メタンや硫化水素をもとに形成される化学合成生態系を再現した、世界で唯一の「化学合成生態系水槽」などで実験飼育する様子を公開展示し、深海研究の最前線を紹介します。深海Ⅱでは、日本初の本格的な有人潜水調査船「しんかい2000」を常設展示しています。

深海コーナー

今上陛下のご研究

昭和天皇ならびに今上天皇陛下の海洋生物研究は、葉山の御用邸から相模湾周辺の海を中心に修められました。ヒドロ虫の展示は必見です。

今上陛下コーナー

クラゲファンタジーホール / クラゲサイエンス

約40年にわたる飼育技術研究と展示手法で培われた経験を活かし、クラゲの体内をイメージした半ドーム式の「クラゲファンタジーホール」と、2013年にオープンした新しい展示コーナー「クラゲサイエンス」において、水量約4ℓ~26tまで、大小51本の水槽を配置し、常時約50種余のクラゲを展示公開しています。

クラゲファンタジーホール

イルカショースタジアム

1,000名収容のスタンド席を有する「イルカショースタジアム」は、湘南海岸に浮かぶ富士山と江の島の景観、ショープールが一体となった当館最大のショー施設です。長い歴史に裏付けされた飼育技術とトレーニングの技術により、バンドウイルカやオキゴンドウ、八ナゴンドウの鯨類と、オタリア(南米アシカ)が登場する、ダイナミックなパフォーマンスをお楽しみいただけます。

ショースタジアム

6.併設施設

なぎさの体験学習館

「なぎさの体験学習館」は、湘南のなぎさとふれあい、なぎさの大切さを「知り」「学び」「考え」「行動する」を基本テーマとする体験学習施設で、湘南海岸の自然条件と環境条件を取り込んだ海洋文化の創造と海岸保全を提唱する生涯学習の場です。屋外の広場(県立湘南海岸公園の一部)では、ウミガメの観察や給餌などの体験プログラム、海浜植物の観察プログラムを実施します。

なぎさの体験学習館
新江ノ島水族館 〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
TEL:0466-29-9960 FAX:0466-29-9965
http://www.enosui.com/

ページの先頭へ
  • 新江ノ島水族館
  • 世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ
  • 相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら


Copyright © 2010 Enoshima Marinecorporation All right reserved.