アクアリウムさがみはら

1.施設概要

施設名称相模原市立相模川ふれあい科学館
英文名称Sagamigawa Fureai Science Museum
館 長坂野 浩一
所在地 〒252-0246 神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
延床面積1,711m2
開業1987(昭和62)年11月15日
相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

2.コンセプト

相模川が育む多彩ないのちとのふれあい

「相模川ふれあい科学館」は、相模川の自然に親しみ、守り育てる心をはぐくむ施設として、昭和62年(1987年)11月15日に開館しました。川の生き物や川を利用する科学・技術を紹介する展示アイテムが中心でしたが、人と川とのつながりや環境保護、人々の交流を促進するための機能を付加し、『相模川に集い、親しみ、楽しく学ぶ交流拠点』として、平成26年(2014年)3月26日にリニューアルオープンとなりました。

3.事業形態

株式会社江ノ島マリンコーポレーションは、平成25年10月1日付で相模原市より「相模川ふれあい科学館」の指定管理者として指定を受け、平成26年1月15日から平成31年3月31日の期間、サービスを提供してまいります。

事業スキーム

事業スキーム

指定管理者制度とは

水族館や図書館など地方公共団体が住民の福祉を増進する目的で設置した公の施設の管理運営を、地方公共団体が指定した民間事業者を含む法人・団体に行わせる制度です。民間の活力を導入し自治体の経営改善を図る目的で、平成15(2003)年の地方自治法改正に伴い導入されました。
従来、公の施設の管理は地方公共団体や第三セクターなど外郭団体に限定されていましたが、この制度により、民間企業・NPO法人・任意団体なども指定管理者として施設の管理運営を代行できるようになりました。

4.展示施設

相模川流域に生息する生物や自然を、生態展示や映像等の体験型展示で紹介

飼育生物総数
魚類、両生類など 約100種/4,000点以上

5.展示施設の主なみどころ

川ゾーン

山中湖と忍野八海を水源とし、全長114kmの母なる川、相模川。
自然あふれる相模川の生き物や流域の魅力を、映像と水槽展示でご紹介します。

川ゾーン

生命ゾーン

相模川流域に生息する多様な生き物をご紹介します。
環境破壊や外来種増殖の影響で希少種となってしまったタナゴや、ドーナツ型の水槽で360度から生態観察ができる水槽など、オリジナリティあふれる生態展示を行っています。

生命ゾーン

人ゾーン

相模川流域の豊かな自然の恵みを享受している私たちと、川との関係を学びましょう。水田の役割や魚道の種類、魚を守るための取り組みなど、パネルやクイズでご紹介します。

人ゾーン

6.相模川ふれあい科学館ネーミングライツ(施設命名権)

相模原市では、新たな財源の確保と市民サービスの向上を図るため平成22年8月からネーミングライツを実施しています。

科学館もその対象となり、当社は、長年親しまれた「相模川ふれあい科学館」の名称を残しつつ、水族館の意味を表す「アクアリウム」を愛称にすることで水族館であることを明確にし、広域からの来館促進に繋げることを目的に、「アクアリウム さがみはら」のネーミングを提案・選定され、スポンサー企業として、相模原市と契約を締結いたしました。

相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら 〒252-0246 神奈川県相模原市中央区水郷田名1-5-1
TEL:042-762-2110 FAX:042-761-2665
http://sagamigawa-fureai.com/

ページの先頭へ
  • 新江ノ島水族館
  • 世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ
  • 相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら


Copyright © 2010 Enoshima Marinecorporation All right reserved.